北インド古典音楽コンサートvol.12 シタール&タブラ 2017/10/15

揺らぎの中に輝きと芯の強さを秘めた18弦シタール。

加藤ていじゅが織りなす音は、
人々が心の奥に持っている、繊細な感覚を呼び起こす。

インドの弦楽器、
シタールの奏者である加藤貞寿さんと
タブラ奏者の黒田真介さんをお迎えし、
北インド古典音楽コンサートを開催させて頂きます。

即興で演奏される北インドの古典音楽…
しかしそこには、様々な規則があります。
そしてこういった規則を表す概念を ラーガと言い、
心を彩るという意味があります。

秋深まる季節、
豊かに彩られたひと時を過ごしましょう

皆様のお越しをお待ちしております。


日 時 2017年10月15日(日)
開場 19:30〜/演奏 20:00〜
奏 者 シタール/加藤貞寿 タブラ/黒田真介
場 所 ヨガ・シャラ 大通スタジオ
費 用 2,500円(当日は2,800円)

お問い合わせ/お申し込み

担 当 かなめ
申込方法
申し込み方法は、2通りあります。
1.Facebook「ヨガシャラミュージッククラブ」イベントページからご参加ください。
2.void1@c.vodafone.ne.jpへメールでお申し込みください。
メール
予 約
1.件名『10/15北インド音楽予約』と入れて下さい
2.お名前
3.携帯番号と携帯アドレス
これらを明記して担当者までEメールください
受付時間 平日10時〜18時迄。夜間や休日には対応できないのでご了承ください。
3営業日経っても返信がない場合は、担当者にお問合せください。
お支払い 当日会場でお支払いください

シタール:加藤貞寿(かとうていじゅ)

1971年 東京生まれ
4歳よりクラシックピアノを始める。
20歳、渡印。
シタール界の至宝 モニラル・ナグ氏と出逢い、弟子入り。
その後、長年にわたりシタールの厳しい訓練を受ける。
28歳、ナグ氏より指導及び演奏活動の許可を得て帰国。
インド音楽ユニット「瞑想図」、様々なコラボレーションを経て、2013年より
ソロ活動を中心に全国でコンサートを行っている。
東京にてシタール教室を主宰。
2017年、5作目のアルバム「ZEN SITAR」をリリース。


タブラ:黒田 真介

北インドの打楽器・タブラ奏者
2000年よりシュリ・ディネッシュ・チャンドラ・ディヨンディ師にタブラを師事。
現在も師の元でタブラを研鑽中。


関連記事

前後の記事

次の記事:

前の記事: