「アーサナ」が変わる 肩甲骨ヨガ&ヨガ棒ワークショップ 峯岸道子

「アーサナ」が変わる 肩甲骨ヨガ&ヨガ棒ワークショップ 峯岸道子

肩甲骨を正しく動かすことで、アーサナは劇的に変わる。
ヨガ棒を利用することで可動域が広がり、筋肉が緩み、アライメントを矯正しながら姿勢まで良くなる。
その効果と変化を体験する2時間のワークショップ

アーサナがやりずらい…その原因は?

無駄な力が入ってしまう…キープが難しい…アーサナ中にそんな風に感じることはありませんか?その原因の一つに「肩甲骨」があるかもしれません。

例えば
ダウンドッグ(下向き犬のポーズ)→腕の力を抜くのが難しい
ヴィーダバドラアサナⅠ(戦士のポーズ1番)→腕の可動域が広がらない・両腕を上げた時に肩につまり感がある

「力を抜く」それは実はとても難しいことです。本講座では肩甲骨を正しい位置に整え、肩の力が抜けることでアーサナがとりやすくなるという体験ができます。
パソコンの普及や、ストレス社会が及ぼす精神面での影響で、普段の生活で肩の力を抜くことが難しい現代。峯岸先生は「力を抜く」ということを非常に重視しています。アーサナや日常生活にどう影響するのか、ぜひ、本講座で体験してみてください^^

肩甲骨への意識でアーサナが変わる

人間は進化の過程で四つ足から二足歩行になりました。その進化で大きく変化したのが肩甲骨の役割です。もともと前足を支える役割だったものが、前足だったものが物を掴んだりする腕に変わる過程で、肩甲骨の位置は背面に移動し、役割も長い進化の過程で徐々に変わっていきました。肩甲骨の可動域が広がることによって、私たちは頭の上まで腕を伸ばすことができたり、遠くの物を取ることが容易にできるようになりました。身体を支える役割から可動域を広げることに、役割が変化したのです。

肩甲骨は背骨、ひいては骨盤まで連動しており、肩甲骨が正常な位置にあるかどうか、可動域が広いか狭いかにより身体全体に様々な影響を及ぼします。ヨガのアーサナにとっても同じことが言えるのです。

怪我をしない腕の動かし方を学ぶ

峯岸先生は、長年フィットネス・ダンス業界でインストラクターとして活躍してきました。そこでは、怪我をしない腕の動かし方が常識のように用いられていました。
しかし、ヨガ業界で講師が見たのは、「怪我をしない腕の動かし方」とは程遠いものでした。「ヨガで怪我をする人が増える」そう危惧した講師は「肩甲骨ヨガ」のメソッドを確立させました。
例えば、腕を上げて万歳(バンザイ)の状態になるために、横から回し上げるのと、前から回し上げるのでは注意点が違います。
本講座では、怪我をしない腕・肩の動かし方も学ぶことができます。

”ヨガ棒はヨギ・ヨギーニにチャンスをくれる”

ヨガ棒を使うことで、3つの変化に出会えることでしょう。
変化をしていく自分のことを愛おしく感じるはずです。

1)柔軟性が高まる
2)筋バランスが向上する
3)恐怖から解放される

ヨガ棒を意識する際に、特に注目すべきは、肩関節、股関節。この2つの関節は可動性が高い故に、複雑な動きを呈し、コーディネーションも難しい。ストレスもかかりやすい部分なので、ヨガの練習で痛めてしまう人も見られます。自分の骨格に合わせて無理なく、そして、一歩踏み込んでアジャストメントを行うためのポイントをお伝えしていきます。


日 時 2018年9月21日(金)18:00-20:00
講 師 峯岸道子
場 所 ヨガ・シャラ 大通りスタジオ
対 象 初心者〜指導者まで
費 用 3,800円(税込)
※峯岸道子『ヨガ指導者養成講座アドバンスコース』受講の方は2,500円
定 員 20名
持 物 動きやすい服装、タオル、飲み物

お問い合わせ/お申し込み

担 当 めぐみ
申込方法 メールでのお申し込みとなります。
件名に「9/21 峯岸道子肩甲骨ヨガ&ヨガ棒WS」とご記入の上、
1.お名前(ふりがな)
2.電話番号
3.メールアドレスを入力して、megumi@yoga-shala.jpへ送信してください。
受付時間 5営業日経っても返信がない場合は、担当者にお問合せください。
お支払い お振込先

北海道銀行 本店営業部
普通口座 3256880
シャンティシャンティ合同会社

※振込手数料のご負担お願いします。
お振込み様名はお申込み様にてお願いします。


峯岸道子
music20160806b

フィットネスエクササイズの草分け的存在として活動後、2000年沖ヨガ指導者認定を受ける。フィジカル的なアプローチを得意とし、35年以上の現場指導から学んだ自らの実体験、経験値から生み出される身体操作法、コンテンツの数々はワークショップや指導者育成でも人気を博している。

峯岸独自の身体操作法は、ヨガのスタイルをより自由にし、「全ての人の為にヨガはある」 というビジョンのもと、辛いなら辛くないような、安定しないなら安定するような、常に参加者に寄り添う形で生み出されたものとして、国内外でも高い評価を得ている。

主に峯岸の拘る身体部位としては、「肩甲骨」「坐骨」「背骨仙骨」「股関節」があり、それらに特化させた峯岸のメソッドとしては以下のものがある。

全ては「現場から」学び、「現場に帰す」と考え、38年間の指導実践から生み出される「表現」「対処」は「峯岸語録」と呼ばれ、大きな説得力を持って、国内外にも支持者が多い。

海外でのプレゼンクラス、指導者育成クラスも増えており、5回のバリスピリットフェスティバル、3回の香港アジアヨガカンファレンス、2回の韓国ヨガフェスティバルなどのプレゼンテイターを勤め、また欧米からもメソッド指導を仰ぐ人々が峯岸の元を訪れている。

新しい切り口で、ヨガを魅せるものとしてステージパフォーマンスとして確立させた「調和」は2010年に提案し、ヨガ界に新風を起こしてきた。2015年1月、Body & Mind Yogaスタジオは野毛山スタジオへ移転し、より有効なメソッドを考案していけるラボとして、また地域に貢献できるスタジオとして展開させている。

「michiko style yoga協会 代表」
「ハンディキャップヨガジャパン代表」
「シグマストレッチ協会 代表」

AntiGravity®Fitness Japanのアドバイザー、イージーヨガのアンバサダー、Yoga Gives Backアンバサダー、

主な書籍「年を取らないからだづくり」「笑顔の未来へ」「肩甲骨ストレッチ」等多数。


前後の記事

次の記事:

前の記事: