予約フォームへ

    大寒の滝行と庄内弁で語る昔話 2016/01/24

    2016年のスタート 大寒の滝行をしませんか?
    この時期の水は「寒の水」といい、雑菌が少なく腐ることがないともいわれています。
    最も寒く最も澄んだ水での滝行で、自分自身と向き合う時間を過ごしましょう。

    出羽三山にゆかりのある道内唯一の滝行道場にて
    滝行暦40年、道場長木村悟道女史による指導のもと、滝行を行います。

    taki2016

    ※卵に願い事を書き滝に投げることができます。
    大寒の滝行では新しい命をもつ「卵」に願い事を書き滝の神である竜神様に
    捧げることができます。

    見学参加も大歓迎。見るだげでも心が洗われます。

    滝行の後は美味しい昼食と庄内弁で語る昔話の時間をもうけています。

    【庄内弁で語る昔話】
    出羽三山がある庄内地方に伝わる「もう一色の豆」「貧乏氏族と浜のあば」
    「二つ三つ四つ」等の昔話を庄内弁でお話ししてもらいます。

    語り
    松信雅子(まつのぶ まさこ)

    山形県鶴岡市羽黒町(庄内地方)に生まれ育つ、その後、札幌に在住。
    1987年から2007年まで山の手図書館【おはなしかご】に所属し
    【庄内弁で語る昔話】【ギリシャ神話】等の内容で語りの活動を行い、
    現在はフリーで活動している。


    日 時 2016年1月24日(日) 8:30集合
    ※地下鉄:南北線「自衛隊前駅」集合になります。
    ※15時終了予定(多少前後します)
    講 師 滝行指導 / 木村悟道 語り/ 松信雅子(まつのぶ まさこ)
    サポート  ヨガ・シャラ みこ・あい・kazumi
    場 所 滝行 / 有明滝道場(札幌市清田区有明380)
    費 用 3,000円(昼食付き)
    ※滝着をレンタルされる方は追加料金500円が必要となります。
    ※見学の方も費用は3,000円(昼食付き)になります。
    持 物 滝行用白いソックス

    滝着レンタル不要の場合
    女性は、白いTシャツ等の滝に入るための衣装

    男性は、海水パンツ等濡れても大丈夫な衣装
    (色の決まりはありません)
    着替え(滝行の後お風呂に入ります)
    バスタオル、サンダル等(濡れた足で履いても大丈夫な履物)

    定員 15名

    お問い合わせ/お申し込み

    担当 みっちー
    申込方法 下記のフォームからお申し込みください。
    受付時間 平日10時〜18時迄。夜間や休日には対応できないのでご了承ください。
    3営業日経っても返信がない場合は、担当者にお問合せください。
    お支払い 当日会場にてお支払いください。
    受付締切 2016年1月21日(木)まで
    その他


イベント情報 最新の記事


アーカイブ


カテゴリ