大地の恵 – 安定(グラウディング)をもたらすヨガの練習 with Daniel Clement 2014/03/28

Daniel Clement ヨガワークショップ
大地の恵 – 安定(グラウディング)をもたらすヨガの練習

Dan_WS

このクラスでは特に下半身に焦点を置き、正しいアラインメントや体に流れるエネルギーのパターンについて学びます。
木や花がそうであるかのように、ヨガのポーズも根となる部分に安定を得られてこそ、花が咲くことができるのです。
それはまるで、私たちが大地の恵みを得て、それぞれのギフトの花をこの世界に届けていくような体験です。

焦点となるポーズ

これらのポーズにウジャイ呼吸を加え、ポーズを取りながらプラナヤーマ(呼吸法)を行います。
アーサナ(ポーズ)の練習にて呼吸が安定し、体も落ち着くことで、より瞑想的な状態へと入りやすくなります。


日 時 2014/3/28(金)18:30-20:30
講 師 Daniel Clement
場 所 ヨガ・シャラ 大通
対 象 初心者〜経験者まで
費 用 4,000円 (TT受講者 3,000円)
割 引 【オープンクラス(3/29,3/30)とのセット割引】
WS(3/28金) + オープン2クラス = 10500円
※オープンクラスは単体で4000円です。詳しくはこちらをどうぞ
持 物 動きやすい服装, ヨガマット
その他 日本語通訳がつきます

お問い合わせ/お申し込み

メール 担当 : やす(K)
電 話
その他 予約フォームからも受け付けています。担当者宛にお送りください。
備 考 予約の際に、ご希望の参加クラス名/日時を明記してください
お支払い 当日会場でお支払い下さい
詳 細
備 考

講師
Daniel Clement 
Dan_profile

Dan先生はOpen Source Yogaの創始者であり、
カナダ バンクーバーにて200時間及び500時間のティーチャーズトレーニングを行っています。
カナダではヨガの練習や哲学についていくつかの雑誌に記事を提供してきました。

Open Source Yoga のアプローチは、スペースを尊重することです。
なぜならそういったスペースが、私たちそれぞれの旅路を構築してくれるものでもあるからです。
Open Source のアプローチではそういった開いた空間にある可能性にアクセスしていきます。
私たちは人生の旅の中で進化し続け、すべてのヨギーがその声を表明することで世界をより美しい場として受け止める意識を高めています。
すべての「あるもの」とはあらゆるものを超越した大いなる意識としてここにあるのです。

たくさんの生徒は肉体を使った練習をすることで、ヨガの上級者になれないかと悩みます。
しかし難しいポーズを行うことが練習を深めることではありません。
もちろんアーサナについて知ることは大切です。定期的にヨガの練習も行いましょう。
けれども本当の意味で練習を深めるとは、「シンプルになる」ことだということを忘れないでください。
深刻になるのではなく、心軽やかにヨガを伝えていこうというのが彼のやり方です。

http://www.indigoyoga.ca


通訳

産屋敷 公美
1888501_519612441488114_1582159288_n
2009年より名古屋を中心にヨガ通訳・ヨガ指導をしています。
これまで、ロサンゼルスのSteve Ross先生、大阪のHaidar Ali先生、陰ヨガのSarah Powers先生、
ヨガ哲学のCarlos Pomeda先生、キッズヨガのLara Benusis先生、その他多数のヨガ通訳をしてきました。
海外生活は9年に及びますが、2003年バンクーバーにある曹洞宗の禅堂で座禅瞑想を始めました。
何時間も座ることが難しいと感じていた時にヨガに出会い、
ヨガの練習をすることで、座ることが居心地悪くなくなりました。
それからヨガが生活の一部になりました。
今回Dan先生とチームを組み、日本でワークショップやトレーニングを行うことになりました。
Dan先生は、生徒が生まれながら に持った資質をより良く発達させ、
ヨガを通してそれぞれの人が持つ「ギフト(資質)」を表現できるように導くことを目指しています。
私たちは「本来の自分 自身(Higher Self)」と繋がることなくして、他者と繋がることはできません。
自分以外の人との本当の意味でのコミュニケーションは、
本来の自分としての「静かで穏やかな存在」が可能にしてくれます。
このトレーニングではアーサナはもちろんのこと、哲学を日常生活に落として教えてくれます。
ヨガはマットの上だけでするものではなく、日常に活かしていくものだからです。
 http://shakti-mandir.com

前後の記事

次の記事:

前の記事: