予約フォームへ

    ニコウタyoga指導者養成講座 2017/6/12 せきかずよ

    kazuyo01

    ニコウタyoga指導者養成講座(ヨガ指導者限定)

    「ニコウタyoga」とは?
    東京にあるスタジオふたば、ヨガ講師:石田友美の考案したプログラムです。
    赤ちゃんと一緒に楽しく体を動かせる産後プログラムとして
    板橋区のすくすくカード事業より認可を頂いております。
    板橋スタジオふたばでは「ママヨガ」として取り入れています。
    赤ちゃんが産まれると24時間年中無休のお母さん。
    自分の時間が欲しい、体を元に戻したい、心を癒したい・・・
    そんなママのためのプログラムが「ニコウタyoga」です。
    赤ちゃんと一緒にできるヨガと楽しい手遊び歌などを行う
    親子で楽しめるふれあいプログラムです。


    ニコウタyoga指導者養成講座について
    ニコウタyogaとは赤ちゃんとママのコミュニケーションのヨガです。
    ママがヨガをする間でも赤ちゃんとのコミュニケーションを忘れずに
    歌をうたったり、手であやしたり、
    赤ちゃんの笑顔がたえないクラス構成をお伝えします。
    今回はヨガを指導されている方のみを対象として開催致します。
    ヨガ指導者様は動きやその効果などは理解していると思いますので
    実践で必要なものだけを凝縮して学ぶだけで十分です。
    ポイントを抑えれば自分だけのオリジナルクラスを作ったり
    今のクラスにスパイスを取り入れる事ができます。
    もちろん、産後に必要なトレーニングもお伝えします。
    赤ちゃんの簡単な体操、洋服の上からの簡単な赤ちゃんマッサージも学べます。
    当日ご参加の方にはテキストと修了証をお渡し致します。

    kazuyo03


    日 時 2017年6月12日(月)10:00〜16:30
    講 師 せき かずよ(こどもヨガプロジェクトWAPPY)
    場 所 ヨガ・シャラ 厚別
    対 象 ヨガ指導者限定
    費 用 32400円(税込)
    持 物 動きやすい服装、飲み物、筆記用具
    20センチ以上の手足のあるぬいぐるみ
    軽食(特にお昼休憩はありませんので、おにぎりなど食べやすいものをお持ちください)
    その他  定員8名

    お問い合わせ/お申し込み

    担当 せき かずよ
    申込方法 下記のフォームからお申し込みください。
    その他 36時間以上たっても、返信がない場合は、担当者にお問合せください。
    お支払い 銀行振込/北海道銀行 北二十四条支店 1417635 ヨガ シャラ タマテ ミドリ
    お願い ・振込手数料のご負担をお願いします
    ・振込名はお申込者様のお名前でお願いしますご入金後の返金は、下記キャンセル料をいただきますのでご了承ください
    【キャンセル料/3週間前:30% 2週間前:50% 1週間前以後:全額】

    講師 せき かずよ

    kazuyo02

    こどもヨガプロジェクトWAPPY

    今回養成講座を担当させて頂きます せき かずよです。私はまだ子どもはいませんが、幼稚園、児童館に勤め、たくさんのお子さまに関わらせて頂いた中で、ニコウタyogaの良さをお伝えさせて頂きます。
    私はニコウタyogaに出会い、今しかない赤ちゃんとの大切な時間をクラスを通して伝えさせて頂いています。ママが覚えてお家でも出来るのでとても好評です。大好きなママの歌声で安心しながら進め、親子での触れ合いの他、しっかりヨガもしますので、心も体もリフレッシュだけでなく、笑顔が溢れてきます。
    親子ヨガ 産後ヨガ キッズヨガ
    されている方、してみたい方一緒に勉強しませんか?

    kazuyo_pro

    ★ニコウタyoga ニコウタyogaは赤ちゃんとママが一緒に同じ時間を楽しく過ごし、ヨガをします!
    親子で触れ合う楽しいクラスづくりができます!
    小さな命に携わる方に知ってほしいニコウタyoga!
    子どもと楽しみながら、遊ぶようにできるニコウタyoga!
    体と体の親子のコミュニケーションづくりは、心づくりにもなります!
    ニコウタyogaは赤ちゃんだけでなく、少し大きくなったお子さま、キッズヨガにもお役に立てます。
    私はキッズヨガのクラスに入れることで、年齢の幅が広がりました。
    1dayですので、ヨガのインストラクターならすぐに実践できるものばかりです!
    2016年北海道でニコウタの養成講座がスタートし、現在34名誕生。
    私は半年札幌を離れるため2017年は今回で最後です。
    必要な方に届きますように。
    お会いできるのをお待ちしています。



イベント情報 最新の記事


アーカイブ


カテゴリ