予約フォームへ

    インド古典音楽コンサート 2017/03/11 大通

    music20160806a

    インド古典音楽コンサート
    演奏:シタール/南沢靖浩 タブラ/黒田真介

    インド音楽を演奏する者にとって、演奏と瞑想の間に境がなくなる瞬間があります。
    演奏に深く集中していくと、私たちが耳で聴こえる音を超え、神々が奏でるメロディーやリズムに触れられる境地があります。
    師の下での音楽の修練を通して、奏者は技術的な向上だけでなく、自我が少なくなり、音の彼方の世界を表現する準備が整っていきます。

    その状態で演奏するラーガ(メロディー・旋律)に集中していくと、奏者は高い世界より、ラーガを受け取ります。あるいは演奏されるメロディーが降りてくるというべきでしょうか。そのとき、インド哲学で言うところの梵我一如[アートマン(個人の中に住まわれるブラフマン)とブラフマン(この宇宙の根本)との合一]の境地に達し、奏者は演奏を通して霊的な音(バイブレーション)を伝える媒介者となります。

    「瞑想への誘い…」 目を閉じて音の調べに身を任せてみてください。音の旅が始まるはずです。

    music20160806c


    日 時 2017/3/11(土) 開演20:15
    演 奏 シタール/南沢靖浩 タブラ/黒田真介
    場 所 ヨガ・シャラ 大通スタジオ
    対 象
    料 金 2,000円
    定 員
    持 物

    お問い合わせ/お申し込み

    担 当 かなめ
    メール kaname★yoga-shala.jp  (★を@に変えて送信)
    予 約 1.件名『3/11ライブ予約』と入れて下さい
    2.お名前
    3.携帯番号と携帯アドレス
    これらを明記して担当者までEメールください
    受付時間 平日10時〜18時迄。夜間や休日には対応できないのでご了承ください。
    3営業日経っても返信がない場合は、担当者にお問合せください。
    お支払い 当日会場でお支払いください
    受付締切 イベントの前日17時まで。

    南沢 靖浩:シタール
    music20160806b

    1986年北インドの聖地ベナレスにて、インド古典音楽の芸術性と弦楽器シタールに魅せられ、スラワニ・ビスワス博士よりシタールの個人指導を受け始める。渡印を重ね北インド古典音楽を学び、日本やインドでの演奏活動を展開する。
    2006年3月インド、ベナレスにて、打楽器タブラの巨匠アシューバブーのメモリアルコンサートに出演し、現地の新聞各紙で好評をうけた。
    他のジャンルの音楽や舞踏家とのセッションもおこない、民族楽器を駆使したユニット「天空オーケストラ」のメンバーとして、1998年より、イギリスのグラストンバリーフェスティバルやフジロックフェスティバル、Rainbow2000等、野外フェスティバルに多数出演する。
    2006年、舞踏家 Kohshou Nanami 氏ととも に、フランスとドイツのツアーを行い、シタールと電子機器を用いた独自の現代音楽を提供し、各地で共演をおこなった。

    1992年頃より 大型の弦楽器 スールバハール を手がける。
    2010年 フィリピンの環境NPO:コルディリエラ・グリーン・ネットワーク主催のアートプロジェクト「芸術交流と新しい慰霊」に参加。
    2013年2月、韓国済州島で開催された、国際舞踏フェスティバルのツアーに参加。
    2010、2011年、2012年、34代続く家元、打楽器タブラの名手アリフ・カーン氏と、京都の寺院とギャラリー、京都府綾部市「いやびの祭」、及び岐阜県で行われたインド音楽祭サンギートメーラにて、6度共演する 。
    2014年10月福井県小浜市明通寺国宝の本堂にて開催された、海のシルクロード音楽祭に出演。
    東大寺手向山八幡宮にて開催された音楽奉納イベントにて、雅楽グループ「まほら」と共演。
    2015年6月奈良県ムジークフェスタなら主催の音楽イベント、霊山寺国宝の本堂にて奉納演奏を行う。

    黒田 真介:タブラ
    kuroda201606

    北インドの打楽器・タブラ奏者
    2000年よりシュリ・ディネッシュ・チャンドラ・ディヨンディ師にタブラを師事。
    現在も師の元でタブラを研鑽中。

     


イベント情報 最新の記事


アーカイブ


カテゴリ